Kindle Unlimitedは不要?Prime Readingをレビュー

公開日: 2022.3.7

アマゾンプライム会員に無料で付与されてくる読み放題サービス「Prime Reading」。同じくアマゾンの読み放題サービス「Kindle Unlimited」と比べてどうなのか、どのジャンルが強いのかなど、Prime Readingをレビューしました。

Prime Readingとは?

AmazonのPrime会員向けの雑誌・書籍読み放題サービスです。追加料金なしで、Amazon Kindle、Fireタブレット、KindleアプリからPrime Reading対象の書籍を購読できます。

同時に購読できる書籍は10冊までという制限はありますが、返却さえすれば完全に読み放題なので、アマゾンプライム会員なら使っておくべきサービスです。

Kindle Unlimitedと比較してみる

アマゾンが提供する読み放題サービスには「Kindle Unlimited」というサービスもあります。こちらは、プライム会員でも月額980円が必要な有料サービスです。

Kindle UnlimitedとPrime Readingを比較してみましょう。

項目 Kindle Unlimited Prime Reading
利用料金 ¥980 - (アマゾンプライム会費に含む)
書籍数 和書12万冊以上、洋書120万冊以上 合計数百冊
ジャンル 雑誌、漫画、ビジネス書、小説など 雑誌、漫画、ビジネス書、小説など

ジャンルh同じですが、対象となる書籍の数が100倍近く違います。ここが大きな違いです。

Prime Readingは満足できるくらいの書籍があるのか?

雑誌

雑誌読み放題サービスを契約している方なら、「プライム会費込みで雑誌が読めるなら、乗り換えしたい」と考える方も多いでしょう。

Prime Readingの雑誌ラインアップは、少なくはないですが、dマガジンやauブックパスと比べると偏りがあります。女性誌、男性誌、ライフ誌などバランスは良いですが、バックナンバーも含めて全部で200冊程度なので、読める雑誌の数では圧倒的に他のサービスのが上です。

普段購読している雑誌がPrime Readingの対象ならば良いですが、いろんな雑誌を読みたいのであればdマガジンやauブックパスに軍配が上がります。

マンガ

マンガの読み放題サービスは、他にはauブックパスがありますが、対象マンガ数はPrime Readingも300冊以上とauブックパスには負けますが十分な数があります。

ただし、Prime Readingの対象マンガは1〜3巻などの最初の方だけというケースがほとんどで、他のマンガアプリなどでも無料で読めることが多いので、マンガを目当てにPrime Reading(もしくはアマゾンプライム)に入るのはあまり得策ではありません。

ビジネス書

比較的バリエーションが広いのがビジネス書ジャンル。Prime Reading対象の書籍数は150冊前後であまり多くはありませんが、毎月入れ替わるのでビジネス書籍だけでも一ヶ月かかるくらいのボリュームがあります。

ただし、レビューが多く人気書籍が集まっているように思えますが、「Prime Readingだから読んだ」というレビューも相当数ありそうなので、必ずしも実際のベストセラー書籍がラインアップされているとは限りません。

小説

Prime Readingの小説については、完全におまけの部類です。ジャンルは広めにピックアップされていますが、書籍数が少なく、シリーズの1冊目だけといケースもあるので、「新しい作家さんを無料で探す」というくらいが良いでしょう。


アマゾンのPrime Readingを見てきました。

普通に考えて、プライムのオプションとして追加料金なしで入っているだけでもすごいサービスなのですが、やはり課金サービスと比べるとどうしてもボリューム不足感は否めません。あくまで「おまけサービス」として利用するのが良いでしょう。その意味ではとても良いサービスであることは間違いありません。

関連記事

OGP Image

サーバーレスについて学べる本まとめ

ここ数年でサーバー・Webアプリケーション界隈の定番になってきているのが「サーバーレス」。サーバーレスについて学べる本を、ケースごとにまとめました。